ベリーダンスの歴史

スポンサードリンク

ベリーダンスはアフリカ北東部、西アジアやアラブ地方で広がったダンスです。アラブではベリーダンスではなくて「ラクス・シャルキー」、トルコでは「オリエンタル・ダンス」と呼ばれていますし、ヨーロッパの方では「オリエンタル・ベリーダンス」と、様々な名称でよばれています。歴史は古くイスラム以前から口伝えされてきました。もともとの発祥については様々な説がありますが、紀元前5世紀のエジプトのお墓にベリーダンスの姿勢が描かれていたことから、アフリカや地中海世界が起源という説が有力のようです。

ベリーダンスの流行

ベリーダンスは1980年頃に日本へ入ってきました。エジプトやトルコ、アメリカなどで長い間学んだ日本人が講師となりました。その後2000年ごろには認知度も高くなり、ブームになりました。また、倖田來未さんがプロモーションビデオ(DVD)のなかでベリーダンスのような踊りをおこなっていたことなどもブームをおこした要因のようです。2007年には「女性性を磨き、心身ともに磨げるダンス」ということでマスコミにも取り上げられ、教室の講師が不足するほどの大変なブームとなりました。

ダイエットとしてのベリーダンス

ベリーダンスは、筋肉の孤立した動きを強調するので、様々な筋肉の独立した動かし方を取得することができます。これは、脚の筋肉形成によい影響を与えることとなり、健康によく、健康促進のプログラムにも取り入れられています。また、循環器系統にも効果があり、腹筋も強くします。ベリーダンスを1時間やり続けると約350キロカロリーの絵寝るのエネルギー消費となり、ダイエットとしても優れています。

ベリーダンスの全て

スポンサードリンク

ベリーダンスの全て

ベリーダンスは衣装の魅力、ボディーメイクの魅力、健康増進の魅力等々、様々な効果や楽しみがあります。大阪はじめ関西、東京他関東には教室もたくさんありますので、未経験でも楽しく始める事が出来ます。ここでは、ベリーダンスに関する様々な最新の情報をお伝えしていきます。